イベント・セミナー

2022年12月07日(水)開催

第33回バイオメディカル研究会

第33回バイオメディカル研究会
「個人情報の扱いとデータ利活用」
 
 近年、ゲノム情報などのデータ利活用による医療・創薬の発展に期待が高まる一方、個人情報保護法は2年続けて改正され、企業・研究機関における個人情報を含むデータ利活用には多くの課題があります。そこで、第33回研究会では「個人情報を含めたデータの扱い・利活用」をテーマに、個人情報保護法改正におけるポイントを学ぶとともに、情報を「集める」「使う」それぞれの観点から、現状と課題について共有し、創薬・医学研究におけるデータ利活用の展望について議論します。対面開催は3年ぶりとなります。是非ご参加ください。

【主催】NPO法人日本バイオインフォマティクス学会
【共催】公益財団法人都市活力研究所
【後援】NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議
    NPO法人バイオグリッドセンター関西

∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥

【プログラム】のダウンロードはこちら

【フライヤー】のダウンロードはこちら

日時 2022年12月07日(水)
13:30~16:30(受付・アクセス開始13:15~)
開催場所 ハイブリッド開催(グランフロント大阪・Zoom ウェビナー)
グランフロント大阪北館タワーC 8階 カンファレンスルーム Room C05 (地図)
オンライン(zoom使用)
お申込みの際、備考欄に現地参加(申込順50名)かオンラインか記載ください
プログラム 13:30 開会挨拶

13:35 鈴木 和代 先生(オンライン講演)
厚生労働省 大臣官房厚生科学課
「個人情報保護法の改正に伴う倫理指針の改正について」

14:10 黒田 知宏 先生
京都大学医学部附属病院 医療情報企画部 教授
「医療情報の取り扱いを巡るルールと実践」

休憩 (14:40-15:00)

15:00 河野 隆志 先生(オンライン講演)
国立がん研究センター がんゲノム情報管理センター(C-CAT) 情報利活用戦略室 室長
「保険診療で行われるがん遺伝子パネル検査データの利活用」

15:35 花岡 悟一郎 先生
産業技術総合研究所 サイバーフィジカルセキュリティ研究センター 首席研究員
「プライバシー保護データ解析技術とその応用」

16:05〜16:25 ディスカッション

16:30 閉会挨拶・終了
参加費 無料
定員 会場参加 50名(申込順:定員に達しましたらWEBに掲載します)
Zoom 470名
内容 【お願い】
お申込みの際、備考欄に現地参加(申込順50名)かオンラインか記載ください。 現地参加の方はマスク着用でお願いします。オンライン参加の方には、前日にアクセスURLを記載したメールをお送りします。
また、日本バイオインフォマティクス学会員・賛助会員の方は、備考欄に「会員」または「賛助会員」とご記載下さい。
申込 ページ下の「申込はこちら」ボタンよりお申込ください。
お申込みの際、備考欄に現地参加(申込順50名)かオンラインか記載ください。 

なお、申込みを頂きました時点で、個人情報の共同利用に同意頂いたものとし、今後のイベント関連のご案内を送付させて頂くことがあります。
お問い合わせ先 公益財団法人都市活力研究所 担当:味村
TEL:06-6359-1322 FAX:06-6359-1329
メール:ページ右上の「お問い合わせ」ボタンよりお問い合わせください。

 当財団では、個人情報管理基本方針に従って個人情報を取扱っています。
▼個人情報の利用目的
 お申込みの際に記入いただいた個人情報は、このイベントを実施するために利用いたします。また、同意が得られた場合のみ、今後のイベント関連のご案内送付に利用させていただきます。
 なお、法令に定める場合、または別途お知らせする場合を除き、これら以外の目的には利用または第三者提供いたしません。
 また、イベント開催時に風景写真を撮影し、財団ホームページ等に掲載する場合がございます。掲載にご同意いただけない場合は事前にお申し出いただきますようお願い申し上げます。

お申し込みはこちら